【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

フコイダンの紹介
http://daiichi-sangyo.com/
フコイダンの専門です



【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2021年02月20日

最近は、減量でメタボ対策をして、
健康増進をはかることが重視されていますが…

でも、世の中の全ての人が減量を
しなければいけないわけではありませんよね。

体重が増えてきたから…ということで、
減量すべきかどうかを決める人は多いのですが、
本当に注目すべきなのは、体脂肪率なんです。

体脂肪率に問題があっても、
体重は、標準範囲内という方も少なくありません。

重さだけを見ると、筋肉よりも軽いのが脂肪です。

減量のために、食事量を減らし、結果が出たという人がいても、
それは筋肉が脂肪に変わっただけで、
見た目の体重が減少しただけというケースもあるのです。

それでは、健康面にも不安がありますし、
減量にもなっていません。

逆に、相撲の力士はとても太っていますが、
中には、筋肉質な力士もいますよね。
その場合は、体脂肪率が低く、肥満ではないので、
あえて減量する必要はないわけです。

ですから、体重も目安にはなりますが、
健康になるための減量でポイントとなるのは、体脂肪率なのです。
健康的に減量をするには、
余分な脂肪を燃焼させることを考えなければいけないんです。

だから、健康的な減量のためには体操は欠かせません。
ただ、急激な体操は体質に負担をかけるので、
減量には不向きですよ!

あくまでも自分のペースで、
長い期間コツコツ体操を続けていくことが、
健康的な減量につながります。

減量のためにストレスが蓄積されないようにすることも、
健康維持では重要です。
減量を共に取り組める友達がいるといいでしょう。