【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックの実績数というのは、各レーシッククリニックのホームページなどでチェックすることが出来ます。
実績数と言っても医師一人一人の実績数ではなく病院全体の実績数を参考にするようにしましょう。

 

どんなに失敗することがほぼ無いと言われているレーシック手術なのですが、クリニック選びは重要となります。
選ぶ基準としましては、病院の知名度や値段、また最新の機械を取り入れているかなど様々な項目を確認してください。

 

レーシッククリニック選びにおきましては、実績数が最も大切となります。
どんなに高精度の機械を使用していたとしてもそれを扱う医師が経験不足では全くお話にならないのです。

交通事故治療 千葉
http://chiryouin.biz/branch/page/2/
交通事故治療 千葉



【レーシック知識】大切なのはレーシックの実績数ブログ:2020年11月27日

むすこはお弁当を持って
幼稚園へ通っていた。

最後の弁当を持たせた日。
むすこが持ち帰った空の弁当箱を開けると、
一枚の絵手紙が入っていた。

「ありがとう おいしかったよ」

先生が書いてくれた弁当の絵に塗り絵してあり、
横に覚えたてのひらがなが並んでいた…

思いがけないプレゼントに、
ボクは「えーっ」と言ったきり言葉に詰まり、
泣いてしまった。

ただただ嬉しかった。
いつも見られるように写真たてに入れて、
台所に飾った。

ただ、見る度に、
温かな気持とは別の感情を
ボクは思い出していた。

ボクが高校三年生だった、卒業間近のお弁当の時間…
幼稚園から高校まで、
ずっと食べてきた仲間の弁当もこの日が最後だった。

包みを開けると、
弁当箱の上に一枚の便せんが置かれていた。
「十八年間お弁当を作らせてもらってありがとう ママより」

涙があふれてきてしまった。
ママに「さよなら」と言われたようだった。

卒業後は短大に進むために、
家を離れることが決まっていたからだった。

瞬きすれば落ちてきそうな涙を、
仲間に気づかれないよう必死に目を開けて、
最後の弁当を食べた。
たまらなく寂しかった。

家に帰ってから仲間に弁当箱を渡した。
「もうー、泣きそうになったよ、なんであんなこと書いたの?」
と言うボクに、ママは、
「本当にそう思ったから…」
とだけ言った。

「ボクこそありがとう」
そう言うのが本当なのは分かっていたけれど、言えなかった。
ボクまで「さよなら」と言っているようで嫌だった。

今から思うと、
感謝の気持ちも優しさのかけらもない言葉を
なげかけてしまったと思う。

ママの言葉の意味は、
ボクには分からなかったけれど、
それ以上深くママに気持ちを聞くことはしなかった。

今になって
「ママに悪かった」と思っている。