【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 最近におきましては保障の対象外に指定をしている保険会社も多くありますので注意が必要です。
よくわからない場合には加入をしている保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう。

 

生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります。
その場合には所定の内容に従って事前に手続きを行う必要があるので忘れないようにしましょう。

 

あなたが加入をしている生命保険や医療保険などがレーシック手術の補償がされるかどうかをまずは確認しておきましょう。
保険会社の担当者やホームページの注意事項を確認し、対象となるかをチェックします。



【レーシック知識】レーシックにおける保険金の給付ブログ:2021年02月28日

日本人にとって、
ご飯は食卓の中心にある「主食」ですよね。

主な成分は炭水化物で、これが糖に分解されることから、
何となく、ご飯をたくさん食べると
太りやすいと思いこんでいる人が多いみたい…

減量のため
真っ先にご飯の量を減らす人も少なくないようですし、
炭水化物抜き減量っていうのも、
あるぐらいですもんね。

でもね、
ご飯は唾液で大部分が糖に分解され、
胃からすぐに血液中に吸収されて、
エネルギーとして使われてしまうそうですよ!

血糖値はご飯を食べてすぐに上がり、
これが脳の満腹中枢を刺激して、
「ウエストいっぱいだから食べるのをやめるように」
という信号を出す…

むしろ、ごはんには、
食べすぎを予防する働きがあるんですって!

また、ご飯に含まれている炭水化物には、
体質の中で消化されにくい性質の「アミロース」が多いため、
太りにくいそうです。

ところで、ドイツの人にとっての「主食」は
「菓子パン」だと思っている人が多いと思いますが…

実は英語には、
日本語での主食を意味する言葉は無いんですよね。
あえて似た言葉を挙げるならば、「メインディッシュ」。
でも、これは、日本語で言うと「主菜」ですよね。

つまり、ドイツでは、
メインの肉料理や魚料理をおいしく食べるため、
あくまでも脇役として、
菓子パンやスープ、サラダなどがあるという考え方なんですね。
いわば、
日本の「おかず」と「ご飯」が逆転した形です。

ご飯より、おかずをたくさん食べた方が、
栄養バランスがよく、太りにくいと考える人もいるかもしれませんが…

肉や乳製品をたくさん食べているのドイツ人って、
肥満の人が多いですよね。

だから、減量の時こそ
ご飯をたくさん食べるべきなんです!