【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。

 

レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。

 

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。



【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術ブログ:2020年09月20日

減量をするためには、
やはり食生活を見直すということが
優先順位の上位に来るようですね?

やっぱり、食べすぎが原因で、
太ってしまう人って多いんですよね。
あたくしもそうなんですが…

減量の時に見直すべき食べる事…
食べる事の量ももちろんですが、
もう一つ
見落としてはならないポイントがあります。

それは「いつ食べる事をしたか」です。

同じの量の食べる事をしたとしても、
食べる事をした時間帯が違ってくると太り方も違うんですよね。

あたくしたちのからだって、
とってもデリケートに作られているんですね。

特に寝る前には食べ物をクチに
運ぶことはやめた方がいいでしょう。

寝るだけなので、
カロリーを消費するポイントがなくなってしまいますから、
そのまま食べたものが使われずに残ってしまいます。

就寝直前に摂取した食べ物に対しては
交感神経という神経系が対応するといわれています。

交感神経は、寝る直前に入ってきた
食べ物を脂肪にかえて貯蔵しろという風に
指示するそうなんです。

ですから、
減量にとっては大敵なんです。

もしどうしても腹がすいて眠れないという人は、
飲み物で空腹感をごまかしてみましょう。

玄米珈琲などを
飲んでみるのもいいかもしれません。

玄米珈琲なら、
低カロリーですから
それほど玄米珈琲生活を邪魔するような心配もありません。

しかし一番の理想は寝る前には食べないこと、
これが一番です。

目安としては、眠る2時間程度前からは
食べ物を口にしないことです。